home > ブログ > 5/2【富山情報】子どもの体力低下に歯止めをかける黒船が来航(キッズワークスって?)

5/2【富山情報】子どもの体力低下に歯止めをかける黒船が来航(キッズワークスって?)

富山県で一番若い県議会議員の平木柳太郎です。

とは言え、もう間もなく31歳ですから、「若い」はギリギリな感があります。
30歳を過ぎたら、気をつけた方が良いよ!
と先輩方に言われ続けてきたのが、身体のメンテナンスです。
急に太る、とか急に体力が落ちる、とか急に体臭が・・・等など。
お陰様で両親から丈夫なカラダと、スポーツマン時代の名残によって、
何とか逞しいカラダを維持できていることに感謝しつつ、本題です。
IMG_7318.JPG

富山市内に、キッズワークスという体操教室が登場しました。

「アメリカ生まれの子どもフィットネス!」
生まれたばかりの赤ちゃんから、小学生までを対象として、
楽しみながらカラダの動かし方を身につけていくプログラムを提供します。
日本初進出が富山というのが嬉しいですね。
この黒船来航が、吉と出るか凶と出るか、要チェックです。
IMG_7315.JPGIMG_7320.JPG

平木家の愛娘は、体験レッスンで汗だく、大満足の様子でした。

プロの講師が見てくれるのと、親も一緒に楽しめる内容もあって、
連休明けて、ネタも尽きたよ~という親御さんは、無料体験をオススメします。
キッズワークス
ところで、タイトルにもある通り、
「子どもの体力低下」は、歯止めのかからない課題になっています。
全国平均値と比較すると、全体的に上回っていると記載されていますが、
文部科学省によれば、
昭和60年から、全国的に体力調査結果が低下し続けている、
という平均値に隠された実数値での指摘がなされています。
私の地元では、昨年度に文部科学省から予算を確保し、
「地域を活用した学校丸ごと子供の体力向上推進事業」を実施しました。
地元ダンサーと、特別ゲストのダンサーが講師を務める企画です。
県議会議員として、市立学校である小中学校へ直接的な貢献は珍しいですが、
今年度も、同事業を引き続き誘致して、体力向上のキッカケづくりに繋がれば幸いです。
こういった取り組みの一環として、県や市には、
キッズワークスを上手く活用していただければと考えます。
IMG_7308.JPG

ちなみに私の高校時代、体力測定があった時に、

ハンドボール投げで58メートルを記録しました。
当時、富山県記録をぶっちぎり更新したと先生に褒められましたが、
調べてみると、室伏広治さんが高校時代に65メートルを記録。
井の中の蛙大海を知らず。
されど・・と負け惜しみはやめておきます。
今、立っている世界で、向上を目指そう。