フェイスブック ツイッター メール ページトップへ

富山を元気に!富山を愛する男、富山県議会議員、平木柳太郎(ひらきりゅうたろう)のオフィシャルサイトです。

富山県議会議員平木柳太郎

自民党
富山県議会議員平木柳太郎のお電話のお問い合わせは076-422-1933までどうぞ富山県議会議員平木柳太郎のメールでのお問い合わせはこちらから
HOME > ブログ > 視察報告
視察報告

12月22日の糸魚川駅北大火、その後。

富山県議会議員の平木柳太郎です。
今日は、新潟県は糸魚川市(いといがわし)を訪問しました。

同市では昨年12月22日、午前10時28分に出火し、
糸魚川駅の北側、約150棟、面積40,000㎡を焼失する大火に遭いました。
火元は飲食店で、密集した商店街、住宅地では消火活動が追いつかず、
翌日12月23日、16時30分にようやく鎮火しました。

この大火に関する報道は、年が明けてから富山では見なくなり、
もう対策が進み、落ち着いたのかと思われる雰囲気があります。

現場で確かめることを活動指針とする私にとっては、
「見ないまま終わる」ことが出来ず、黒部市議会の成川市議に繋いでいただき、
大火の跡を実際に見ることができました。


2017年1月12日。

==午前10時~12時、糸魚川市議会全員協議会を傍聴しました。

糸魚川市議会議員全員と、市長をはじめ当局幹部が集い、
今後の復興計画について、議員からの質問に一問一答で答える会議でした。

2時間まるまる傍聴して分かったことは、

・消失した家のガレキ処理や建て直し等の費用負担については決まりつつある。
・撤去等に必要な総予算は試算できておらず、負担割合の低減に話が集中している。
・商工会議所や都市再生機構の名前が出るなど、復興計画の責任所在が不明確である。
・副市長ポストを増やし、官僚を連れてくる市の考えに対して議会側が不信感を抱いている。

など、「問題が山積み」であることでした。

==午後13時~15時、大火現場の視察と意見交換をしました。

では消失した現場は、どんな状況なのでしょうか。
これは予想以上の被災状況で、心からお見舞いするしか出来ませんでした。

加賀の井酒造をはじめとする商店街の大半が失われ、
土地の境界は建築基礎で判断するしかない状況の中で、
復興計画の青写真が無く、瓦礫の撤去しかできないため、
中途半端に焼損した建物が残り、希望の見えない街でした。

=====

私の住む富山県(富山市)は、地震などの天災が少ないことに加えて、
火災の発生率も5年連続で日本一低いという実績を残しています。

だからこそ、防災意識は低いとも言えます。

私は消防団に所属していますが、もし糸魚川市のような大火が発災したら、
満足に動けるかと言われると、正直言って自信がありません。

きっと、そんなことは起きないという思い込みもあります。

県議会における防災のマニュアルや指揮系統など、
今一度しっかりと確認しておく必要性を痛感しました。

起きてから、危うさを知る、危機管理。

糸魚川市の復興を心から祈念いたします。

IMG_1204.JPG

2017年1月13日 12:51 AM

【県事業】とやまでどーんと大同窓会&とやまジョブフェア 2016年12月30日(金)開催

富山県議会議員の平木柳太郎です。

議員は年末年始も働いてますが、
県庁職員も2016年は年末まで働いてくださいました。

「とやまで どーんと 大同窓会!!」と「とやまジョブフェア」が、
12月30日に、県主催で開催されました。

■客観的事実
・予算は両イベント合わせて1,350万円
・開催日は12月30日(金)

【大同窓会】
・目標人数800名のところ約550名の参加
・臨時保育室は24名の申込みがあり満員
・企業パンフレットが多数置かれていた
・会費4,000円を当日支払い
・ホテルの豪華ブッフェ形式
・帰りに富山名産お土産付
・人気(?)お笑い芸人2組がパフォーマンス
・司会は民放アナウンサー

【ジョブフェア】
・目標人数70名のところ約30名の参加
・1階で同時開催の合同説明会に122名の参加
・参加費は無料
・開催会場は3階
・セミナー講師は長井亮氏
・司会は民放アナウンサー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大同窓会の主目的は、Uターンの促進です。

そこで企業のパンフレットが複数配置されていましたが、
一緒に参加した県内企業の広報担当者に聞くと
「このイベントで企業案内を置けるのは知らなかった!」との反応。

さらに突っ込んで言えば、企業パンフレットを置いただけで、
Uターンの気持ちが高まったり、キッカケとなる可能性は低い。

たとえば、
・待合場所や廊下に転職相談ブース、移住相談ブースを設ける
・とても喜ばれたお土産の袋にUターンガイドを同封する
・歓談中のスクリーンに企業紹介の映像を流す

など、もう一歩、踏み込んで仕掛けてもらいたいところ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジョブフェアについては、参加企業の採用担当者が、
鋭く指摘してくれているので、ご紹介。

とやまジョブフェアに参加しましたが、
何点か気付いた点というか、今後の課題と思った点について。

①参加者が少ない。予告では70人という話だったけど、実際に集まったのは30人ぐらい。もともと大同窓会参加者を狙っていたはずが、集客がうまくいかず、結局新卒者向けイベントを腹付して学生をかき集めた模様。導線の見直しが必要。

②ターゲットが不明確。もともと転職者向けのイベントという認識だったのに、実際に集めたのが新卒者だったため、こちらで用意した話のネタと参加者のニーズが合わない。新卒中心なら事前にそういう情報をもらわないとこっちも準備ができない。

③企業色が強すぎる。イベントの仕立てとして「Uターン経験者からざっくばらんに話を聞く」というスタンスだったはずが、プレゼンターの情報なしに企業ごとにブースを作ったために集客=企業の知名度となってしまった。結局、一番知名度ある北電が参加者の2/3をかっさらってしまい、残りは1社あたり数人、という状況。まあ企業説明会ならそれも止むなしだけど、Uターン促進イベントとしてそれに何の意味があるのかということ。税金で北電の企業説明会をしているのと同じことではないか。

イベントの業務委託者はイベントの"テイ"を繕うために頑張ったんだろうけど、結局のところ、コストも労力もかかってるわりに効果薄いんじゃねーの、という印象は拭えない。
新卒向けにするならそういう風に最適化すればいいと思うし、中途向けならイベントの設計からやり直した方がいいと思う。このイベントは今年で2回目だそうだけど、惰性で同じようなことを繰り返さないようにして欲しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この場で分かる数字は、この事業の主目的を検証する材料にはなりません。

Uターンを目的とするイベントから、実際に何人がUターンするまでに至ったのか、
そこまで継続して追っていくことが県として機能させられるか、継続チェックしていきます。
このイベントに参加した仲間からも引き続きヒアリングしてみます。

とは言え、大同窓会は単純に楽しかったです!
旧友と久しぶりに再会することもできたし、美味しい食事もいただいたし、
「県議の平木さんですか?」と初めてお声がけいただいた方もいらしたし。

年末まで働いてくださった県職員の皆さんに感謝いたします。

2017年1月 2日 02:19 PM

8/31 富山の農業が面白い!と言えるほど詳しくないから視察に行く

こっそり富山県有機農業研究会のメンバーになっている
最年少の富山県議会議員といえば、わたくし平木柳太郎です。

農業って政策課題が広く、学ぶための時間が必要です。

今回は自民党の県議で組織する農業問題調査会として、
富山県内で模範となる農業改革を進める事業主を訪ねました。

IMG_0772.JPG

※モデル:あさおか県議

最も印象に残っている事業者は、高岡市福岡町の樽蔵さん。


■この記事の続きを読む

2015年8月31日 11:15 PM

8/25-27 北海道は広すぎるから3つしか思い出せない!

この仕事に就くまで北海道に行ったことがなかった
最年少の富山県議会議員といえば、わたくし平木柳太郎です。

※余談ですが沖縄には未だ辿り着いていません。

6月議会と9月議会の合間である視察ラッシュの7~8月、
今回は8月25日~27日まで、北海道へ視察に行きました。

IMG_0589.JPG

視察団の枠組みとしては「富山県議会 経済建設委員会」です。

ここで県議会マメ知識シリーズ(^^)

富山県議会議員は40名が定数です。

この40名が、
■この記事の続きを読む

2015年8月27日 05:12 PM

8/22 富山市ド真ん中のTOYAMAキラリ(再開発ビル:ガラス美術館&市立図書館)を斜めから見る

公共施設のテナントに入る業者を厳しくチェックしている
起業家の富山県議会議員といえば、わたくし平木柳太郎です。

8月22日にTOYAMAキラリという再開発ビルがオープン!
IMG_0485.JPG

富山市の中心市街地にある西町南地区再開発ビルの愛称で、
富山第一銀行本店を1階に置き、2階から上階には、
富山市ガラス美術館と富山市立図書館新本館が入っています。

開館記念式典にお招きいただき、内覧してきました。

私は芸術文化に明るくないので、展示内容について、
また美術館という建築物についての評価は世間並みの言葉で、


■この記事の続きを読む

2015年8月22日 11:14 PM

1