フェイスブック ツイッター メール ページトップへ

富山を元気に!富山を愛する男、富山県議会議員、平木柳太郎(ひらきりゅうたろう)のオフィシャルサイトです。

富山県議会議員平木柳太郎

自民党
富山県議会議員平木柳太郎のお電話のお問い合わせは076-422-1933までどうぞ富山県議会議員平木柳太郎のメールでのお問い合わせはこちらから
HOME > ブログ > 2016年11月

政務活動費問題が引き起こした富山市議会議員補欠選挙の結果について、富山県議会議員の平木柳太郎が初歩的な解説記事を書いてみました。

政務活動費の不正で12名の大量辞職を生じさせた富山市議会で、
補欠選挙が行われ、もともとの欠員1名も含めて13名が当選しました。

私自身は中心的な役割で関わることのなかった市議補選でしたので、
自民党の立場ながらも客観的に、残しておきたいことを書いてみます。

■自民党推薦・支持の候補者たち

今回、6名が自民党が関わる候補者で、
結果は、次の通り、5名が当選、1名が落選しました。

【当選】
舎川 智也(2位 6,121票)
高田 真里(3位 5,445票)
高道 秋彦(4位 5,033票)
江西 照康(6位 4,536票)
押田 大祐(10位 4,131票)

【落選】
金谷 幸則(14位 3,891票)
※13位までが当選で、次点。

■この記事の続きを読む

2016年11月 8日 10:43 PM

1