フェイスブック ツイッター メール ページトップへ

富山を元気に!富山を愛する男、富山県議会議員、平木柳太郎(ひらきりゅうたろう)のオフィシャルサイトです。

富山県議会議員平木柳太郎

自民党
富山県議会議員平木柳太郎のお電話のお問い合わせは076-422-1933までどうぞ富山県議会議員平木柳太郎のメールでのお問い合わせはこちらから
HOME > ブログ > イクメンでもイケメンでもなく、ただただ子育て真っ最中の父親であり、議員である。

イクメンでもイケメンでもなく、ただただ子育て真っ最中の父親であり、議員である。

子育て真っ最中の富山県議会議員といえば、平木柳太郎です。

今年、飛ぶ鳥がいなくなる勢いでスクープ連発中の週刊文春が、
国会議員の宮崎謙介さんが不倫していると報道しました。

宮崎さんといえば、
1.自民党の候補者公募制度で馴染みのない京都で当選
2.現役の国会議員同士で結婚(その前に一度、離婚)
3.イクメンでイケメンの議員として「育休宣言」
の3打席連続ホームランで、注目されている若手議員でした。

ところが「育休宣言」あたりから、様子がおかしくなってます。

議会、というか自民党という組織は、規律を重んじます。

改革やイノベーションが嫌いなわけではありませんが、
立党してから一貫して憲法改正などを謳っているように、
筋が通った組織であろうという姿勢は、今も強く感じます。

そんな中で、組織の意向を確かめることもなく、
宮崎さんは報道陣を前にして「育休宣言」をします。

このアクションを、事前に党の執行部に確認して、
育休宣言の許可をもらったり、できれば同席してもらったりと、
規律に従った手続きを踏めば、事の収まりは、さらに前向きだったでしょう。

※国会議員の「育休」が有りか無しかの議論は置いときます。

わたくし平木柳太郎も、そんな規律を重んじる自民党の公認を受けて、
富山県議会議員として2期目の仕事をしています。

議員の仕事を行う中で、子育てをどう考えているのか、書いてみようかなと。



私には3歳の長女と0歳の長男がいます。
妻は2歳先輩の姉さん女房で、新卒で入った会社で知り合いました。

私が東京学芸大学を卒業して、富山に戻る決断をした理由は、
「子育ては、絶対に富山で!」という一点に尽きます。

だからこそ長女や長男の誕生は、富山での念願が叶った出来事でした!

しかーし、長女が生まれた3ヶ月後・・・

私は急遽、富山県議会議員の選挙の出馬することになりました。
本当に急だったので、妻は育児に専念してもらい、選挙は仲間たちで行ない、
当選の一報を受ける公民館だけ、妻と赤ちゃんが登場した感じでした。

そこから、超絶に忙しい日々が始まりましたが、
苦しく悲しい流産を経て、昨年10月には長男も生まれました。

県議会議員の仕事は、休日がありません。

土日は式典やらイベントやらが山程入ってくるので、
朝から晩まで走り回るようなスケジュールで動きます。

「断れる予定もあるでしょ?」
人に聞かれたり、自問したりもしましたが、

「呼んでいただいた以上、基本的には断らない!」
ことも、議員という仕事には必要だと考えて参加しています。

そんなライフスタイルなので、
長女は私と土日の休みに遊ぶことがありません(T_T)

地方議員として、鍵となるのは平日の使い方です。

富山県議会は3ヶ月毎に定例議会が開会されますが、
それ以外は、比較的自由に予定を組むことができます。

もちろん会議や会合も多くあるので、
普通のサラリーマン並みに働きます。

昨年10月に長男が生まれてから、私の考えに変化がありました。

これまで詰め込んできたスケジュールを調整して、
夕方17~19時に、なるべく予定を入れないようにしました。

子育て現役世代の地方議員として、
【夕方17~19時】は、マジックアワー、魔法の時間です。

この時間帯は、出来る限り家に帰って、
子ども達の夕飯とお風呂を、妻と一緒に過ごす。

夕飯を食べながら、(私は見ながら、)
妻や長女と、その日の出来事を話す時間がとれます。

平日も含めて、夜はほぼ毎日、会食が入っているので、
私自身はお風呂を一緒に入れず、妻の手料理も食べられないのですが、

お風呂あがりにパパが待っていることが長女にとって大切であり、
2人の子どもを一人ずつお風呂に入れられる、お風呂上がりをませられることで、
妻にとっても、少しはゆっくりとお風呂に入ってもらえるようになります。

議員という仕事をしている以上、普通のパパでいることはできません。
土日も朝からいないし、妻の負担や、子ども達の寂しさは人並み以上だと思います。

それでも議員としての仕事を放り投げることなく、
妻の様子や子どもの成長を見ながら、ライフスタイルを変化させていく、
子育ては手伝うものではなく、4人で共に育つものであることを認識する。

妻の頑張りに、近くに住む私の両親の協力があってこその平木家ですが、
富山のため、日本のために働く父親の背中は、子ども達にとって、
最高の教育になると信じて、育休宣言なんてせずに、働きます。

ただし、17~19時は、なるべく家にいたいので、
皆さんのご理解とご協力をお願いします(^^)

というお願いのための久しぶりブログでした(笑)

IMG_2098.JPG

議員としての日常は、Facebookページで更新しています。

2016年2月26日 10:40 PM