フェイスブック ツイッター メール ページトップへ

富山を元気に!富山を愛する男、富山県議会議員、平木柳太郎(ひらきりゅうたろう)のオフィシャルサイトです。

富山県議会議員平木柳太郎

自民党
富山県議会議員平木柳太郎のお電話のお問い合わせは076-422-1933までどうぞ富山県議会議員平木柳太郎のメールでのお問い合わせはこちらから
HOME > ブログ

体力過剰につき。【平木柳太郎ものがたりvol.2】

「0歳からの体操教室」

きっと33年前、こんなチラシが届いたのでしょう。

母親は迷わず、我が子を体操教室に入会させました。

産まれた時から体が大きく、暴れん坊だった長男を、
少しでも夜、眠るように、少しでも日中に体力を使うように、

私のスポーツ歴が刻まれ始めました。

・・・

続いて、3歳か4歳の頃。

スイミングスクール(水泳)に入りました。
残念ながら、今では泳げません。


さらに5歳。

同じ建物で開催されていた空手教室に入ります。
小学校2年時まで続けて、最後は紫帯だったそうです。

・・・

ここまでは記憶にないのですが、


確かに写真が残っていたり、
同じ習い事をしていた友達がいたりと、

とにかく運動させておく教育方針でした。


小学校では、2年生からスポーツ少年団サッカー部に入部。
同じクラスの板本君から誘われて入ったことを覚えています。

小学校3年生から6年生まで、同部の主将(キャプテン)を4年間務めました。


幼児期から体操、水泳、空手で鍛えられてきた体は極めて丈夫で、
当たり負けしない体で、固定ポジションはスイーパー(ディフェンダー)ながら、

長距離でのフリーキックで得点をあげ、
またストッパーの杉山君と連携した鉄壁の守備によって、
自陣キーパーが「ひま!」と言うほどでした。

ディフェンダーながら、数多くのMVPを獲得したことが、
自宅に残っている沢山の盾から思い出されます。

小学校6年生時には、
強豪校の立山中央小学校の県代表チームに、
外部チームからの合流メンバーとして加わり、
代表のディフェンダーとしても出場しています。

・・・

持ち前の頑丈な体に目をつけられて、
小学校4年生からは、藤ノ木小学校の相撲部にも加入しています。

豊村君という絶対的なエース(まさしく相撲体型)に、
スピードと筋力で補う私が二枚看板となり、

当時、富山縣護國神社の土俵などで開催された大会で活躍しました。

※護國神社の大会記録に名前が残ってました。

5年生、6年生の時には石川県珠洲市での北信越大会にも出場し、
個人か団体か忘れましたが、ベスト8まで進むことができました。

思い出の土俵、藤ノ木小学校には残っていませんが。。

・・・

そんなスポーツ漬けの毎日が原因なのか分かりませんが、
小学校5年時に、オスグッド・シュラッター病が発症しました。

両膝の下あたりが痛み、徐々に固くなっていく病気です。

痛みが出たら、運動を控えることで治まるそうですが、
上記の通り、とても運動から離れる環境ではなかったため、

そのままサポーターをつけたり、ストレッチで和らげたりしながら続けて、
今では両膝とも、尖った状態で出っ張りになっています。

そのため長時間の正座が難しくなりました。

・・・

オスグッド・シュラッター病を理由にして、
中学校に入り、サッカーから離れることを決めました。

小学生時代の素行に多少の問題があったため、
中学校では生徒指導の池淵先生にマークされたようで、

たどり着いた新しいステージは、バレーボール部。


ネットでオスグッド・シュラッター病を調べると、
「10~15歳の成長期の子供が、
 跳躍やボールをけるスポーツをし過ぎると、発生します。」

とあるので、今思うと絶望的な選択でした。


が、当時は「大丈夫、手を使うスポーツだから」という理由で、
全くバレーボールについて知らなかった私は、入部しちゃいました。

そこから3年間、土日の休みは、ほぼ全てバレーボールに捧げ、
さらに2年生の後半からは、朝練も始まりました。

私たちの学年は、小学校時にサッカー部にいたメンバーが、
レギュラー含めてバレーボール部に入っていたので、

3年生時には、富山県ナンバーワンの強豪チームになっていました。

県大会で優勝し、県内に敵なし、とは言いませんが、
強豪の桜井中学校や、堀川中学校、山室中学校などと競い合い、
日頃の練習は死ぬほどキツいけど、勝つために努力する楽しみを知りました。

しかしながら、北信越大会ではボロ負けしました。

井の中の蛙大海を知らず、
とは、この事かなと感じたことを思い出します。

余談ですが、石川県の野田中学校には、
のちに全日本代表エースも務めた越川優選手がいましたが、

当時は、ただ身長が高いだけで、それほど脅威ではありませんでした。
(という、負け惜しみを言うことしかできません。)

・・・

我がスポーツ人生においてピークとなったのは、
中学校3年生時の、富山県選抜チームでの活動でした。

中学校2年生時にも、同選抜に「将来の勉強」として選出され、
補欠メンバーとして大阪での大会をサポートしていました。

「来年は、レギュラーで出場する!」という決意とともに。


翌年、中学校3年生となった私は、目標の通り、
富山県選抜チームの主将、かつエースアタッカーとして、
全国都道府県対抗中学バレーボール大会(※)に出場しました。

※現JOCジュニアオリンピックカップ、
 当時アクエリアス・カップ、旧さわやか杯


当時の資料を見ると、
各都道府県エースアタッカーの平均身長は180cm超で、
当時172cmだった私は、日本一小さなエースアタッカーでした。

それでも中学3年間を競い合った裏エース徳道君、
セッター小関君、センター長谷君、ライト北川君、リベロ細川君らと共に、

スピードバレーで勝負して、決勝リーグへ進むことができました。

決勝トーナメント戦では破れましたが、全国ベスト16の好成績で、
中学3年間を捧げたバレーボールは、有終の美を飾ることとなりました。


ちなみに同大会で選手宣誓をした女子は、大山加奈さん。
真横を通った時、人生で初めて「女性を見上げる」経験となりました。

同大会は、12月に開催されることもあり、
一般的には中学3年生にとって受験期となっていて、
験勉強の妨げになることから、選抜チーム入りを断る選手もいました。

一方、選抜チーム入りした選手には、
強豪高校への推薦入試というカードが手に入ることになります。

有り難いことに、私にも県内2校からスカウトの声がかかりました。

しかも一校は「授業料、部活費、すべて学校が負担する全額免除」という、
中学生ながらに心揺れる提案だと聞かされました。

ここがバレーボール人生を続けるか、
そうではない道を進むかの分岐点でした。

私は、恩師の池淵先生と相談した結果、
「バレーボール人生ではない人生」を選択しました。

現実的に、高校バレーで日本一を目指せる身長でもないこと、
また、勉強しないと試合に出さないと厳しく指導していただいたお陰で、
勉学においても高校の選択を行えたことからの決断でした。

高校でも特殊な形でバレーボールを続けたのですが、
そこは、また別の機会に書き綴ります。

・・・

自分自身のスポーツ歴を振り返ってみるのは面白いものですね。

幼少時からスポーツ漬けにしてくれた、私の両親はと言えば・・・

父親は、砺波市の庄西中学、高岡市の高岡高校の野球部で、
強肩を誇っていたようで、子どもの頃にキャッチボールしてもらいました。

母親は、砺波市の出町中学校でバスケットボール部に所属し、
なんと全中制覇、つまり日本一の栄冠を獲得しています。

父親は身長174cm、母親は身長172cmなので、
運動神経と恵まれた体格は、両親のお陰です。


いま、子育てをする立場となって、
自分の子ども達が、どんなスポーツに汗を流していくか、

私の両親が用意してくれたように、
多くのスポーツに触れるキッカケを作っていきます。

2018年3月 5日 02:23 PM

最初の記憶。【平木柳太郎ものがたりvol.1】

小学校一年生の通学時、宙に浮きました。

スローモーションの空が何秒間か続いた後に、
いくつかのランドセルが見えて、ブツっと、映像が途切れました。

呼吸が止まり、景色はブラックアウト。


・・・


集団登校で、家から20分くらい歩いたでしょうか。

小学校まで、あと10分で到着できる場所で、
交通事故に遭いました。

詳しい状況は思い出せないけれど、
小学校の近くに勤める男性の車にぶつかって、
頭を強く打ち、病院に運ばれたようです。


幸いにも、というか奇跡的に、
命に別状はなく、一日だけの入院でした。

ただ、その何日後に、何ヶ月後に、何年後に自覚したか分かりませんが、

事故以前の記憶は、人物を除いて、ポッカリ消えてしまいました。


保育園の卒園アルバムを開いても、

「この子の名前は覚えてるけど、一緒に遊んだ記憶がないな」

「この先生は見たことあるけど、どんな話しをしたっけ」

今もなお、こんな感じです。


・・・


私にとって最初の記憶は、事故の時に見た、
スローモーションの映像です。

走馬灯のように、って表現される、アレです。


その後、友人たちからの証言(?)によって、
なんとなく消えていたエピソード記憶が戻り、

(厳密には、おそらく上書きされて)

ちゃんと保育園でも生きていたことが認識できています。


それでも、まだ、しっくり来ないのは、
事故の恐怖を、深層心理で思い出させないようにする、

脳の安全機能なのかな、とも思っています。


あなたにとって、最初の記憶とは?

そして、その記憶が、いま生きている毎日に、どうつながるのか?


こんなことを振り返りながら、
誰も興味が無さそうな、自分の人生を綴っていきます。

2018年2月22日 11:36 PM

富山県内コワーキングスペース的な場所まとめ

起業家出身の富山県議会議員と言えば、
わたくし平木柳太郎です。

litaclub.gif



-やっと富山にもシェアスペース事業の波が!?-

ビジネス誌には「シェアリングエコノミー」の文字が踊っています。

これまでも存在していた事業に、新しいカタカナがつくと、
何だか凄いことをやっているように感じることがありますが、
シェアリングエコノミーも、まさにソレですね。


富山県内でも、シェアハウスは数年前から増えてきていますが、
シェアオフィスを含む、いわゆるコワーキングスペースが、
市町村などの自治体が参画したこともあって、やっと増え始めてきました。

NAVERまとめで探せば出てくるかもしれませんが、
2017年3月23日付けで私が把握している情報を、まとめます。


■この記事の続きを読む

2017年3月23日 08:00 AM

12月22日の糸魚川駅北大火、その後。

富山県議会議員の平木柳太郎です。
今日は、新潟県は糸魚川市(いといがわし)を訪問しました。

同市では昨年12月22日、午前10時28分に出火し、
糸魚川駅の北側、約150棟、面積40,000㎡を焼失する大火に遭いました。
火元は飲食店で、密集した商店街、住宅地では消火活動が追いつかず、
翌日12月23日、16時30分にようやく鎮火しました。

この大火に関する報道は、年が明けてから富山では見なくなり、
もう対策が進み、落ち着いたのかと思われる雰囲気があります。

現場で確かめることを活動指針とする私にとっては、
「見ないまま終わる」ことが出来ず、黒部市議会の成川市議に繋いでいただき、
大火の跡を実際に見ることができました。


2017年1月12日。

==午前10時~12時、糸魚川市議会全員協議会を傍聴しました。

糸魚川市議会議員全員と、市長をはじめ当局幹部が集い、
今後の復興計画について、議員からの質問に一問一答で答える会議でした。

2時間まるまる傍聴して分かったことは、

・消失した家のガレキ処理や建て直し等の費用負担については決まりつつある。
・撤去等に必要な総予算は試算できておらず、負担割合の低減に話が集中している。
・商工会議所や都市再生機構の名前が出るなど、復興計画の責任所在が不明確である。
・副市長ポストを増やし、官僚を連れてくる市の考えに対して議会側が不信感を抱いている。

など、「問題が山積み」であることでした。

==午後13時~15時、大火現場の視察と意見交換をしました。

では消失した現場は、どんな状況なのでしょうか。
これは予想以上の被災状況で、心からお見舞いするしか出来ませんでした。

加賀の井酒造をはじめとする商店街の大半が失われ、
土地の境界は建築基礎で判断するしかない状況の中で、
復興計画の青写真が無く、瓦礫の撤去しかできないため、
中途半端に焼損した建物が残り、希望の見えない街でした。

=====

私の住む富山県(富山市)は、地震などの天災が少ないことに加えて、
火災の発生率も5年連続で日本一低いという実績を残しています。

だからこそ、防災意識は低いとも言えます。

私は消防団に所属していますが、もし糸魚川市のような大火が発災したら、
満足に動けるかと言われると、正直言って自信がありません。

きっと、そんなことは起きないという思い込みもあります。

県議会における防災のマニュアルや指揮系統など、
今一度しっかりと確認しておく必要性を痛感しました。

起きてから、危うさを知る、危機管理。

糸魚川市の復興を心から祈念いたします。

IMG_1204.JPG

2017年1月13日 12:51 AM

私が苦手なことは、1→100です。

富山県議会議員の平木柳太郎です。

人には誰でも、向き不向き、得手不得手があるように思います。
私自身、これまで力を発揮できたことと、そうでなかったことを思い起こすと、
はっきりと見えてくる傾向があります。

○ 向いてること:0から1を生み出すこと

× 向いていないこと:1から100へ育てること

何か新しいことを始めたり、他の人がやっていないことを見つけた時、
ワクワクして思考がフル回転し、勝手に体が動き、疲れることがありません。

一方で途中で人から受け継いだものや、過去と同じやり方を続ける時、
面倒くさいって感じて、思考が鈍り、心身ともに疲れやすくなります。

2009年11月に起業した時、
セミナールームのある会員制カフェを始めました。

でも2年ほど経つと、物足りなくなり、
さらにシェアオフィスも加えたリタ・クラブという店舗になりました。

そこから2年ほど経つと、さらに目的意識が高まり、
今後は政治(議員)という選択肢を求めるようになりました。

議員になると、外からは毎年同じような活動に見えるかもしれませんが、
ちょうど2年毎に所属する委員会がかわり、集中して学ぶ内容もかわりますし、
毎年、様々な団体から役職をいただくので、刺激は多くあります。

昨年は、先代の急逝によって会長職に就いたスポーツクラブで大きな成果を残しました。

県内の民間クラブでは初めての人工芝グラウンドです。


まさに0→1を生み出したことで、私のワクワクは少し落ち着きました。
ここからは1→100にする段階ですから、正直、苦手な分野です。

苦手な分野に来たら、どうするのが良いか?

1.苦手を克服するために努力する

2.その分野が得意な人と一緒に取り組む

3.その分野が得意な人に任せる

私は「1」を固持した20代を過ごしてきた結果、
多くの人に迷惑をかけながら、失敗してきました。

30代に入り、(まだ2年ですが、)
「2」に少しずつ慣れてきました。

しかし、自分のマンパワーが及ばない分野が多くなり、
今年から「3」の選択を増やさなくてはいけません。

前述の人工芝グラウンドを立ち上げたスポーツクラブでは、
指導面、グラウンド運営、団体経営、スポンサー探し等、
得意な人に任せることが、会長の私に求められるリーダーシップです。

偉大な先代が残してくれたスポーツクラブを守り、
さらに発展していきますので、皆さんの力をお貸しください。

スポーツクラブ経営にご助言いただける方、
グラウンド活用にご助言いただける方、
スポンサーとして資金支援いただける方、
宜しくお願いいたします。

一般社団法人 常願寺川公園スポーツクラブ
会長 平木柳太郎

IMG_0808b.jpgのサムネール画像

2017年1月 3日 09:49 PM

【県事業】とやまでどーんと大同窓会&とやまジョブフェア 2016年12月30日(金)開催

富山県議会議員の平木柳太郎です。

議員は年末年始も働いてますが、
県庁職員も2016年は年末まで働いてくださいました。

「とやまで どーんと 大同窓会!!」と「とやまジョブフェア」が、
12月30日に、県主催で開催されました。

■客観的事実
・予算は両イベント合わせて1,350万円
・開催日は12月30日(金)

【大同窓会】
・目標人数800名のところ約550名の参加
・臨時保育室は24名の申込みがあり満員
・企業パンフレットが多数置かれていた
・会費4,000円を当日支払い
・ホテルの豪華ブッフェ形式
・帰りに富山名産お土産付
・人気(?)お笑い芸人2組がパフォーマンス
・司会は民放アナウンサー

【ジョブフェア】
・目標人数70名のところ約30名の参加
・1階で同時開催の合同説明会に122名の参加
・参加費は無料
・開催会場は3階
・セミナー講師は長井亮氏
・司会は民放アナウンサー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大同窓会の主目的は、Uターンの促進です。

そこで企業のパンフレットが複数配置されていましたが、
一緒に参加した県内企業の広報担当者に聞くと
「このイベントで企業案内を置けるのは知らなかった!」との反応。

さらに突っ込んで言えば、企業パンフレットを置いただけで、
Uターンの気持ちが高まったり、キッカケとなる可能性は低い。

たとえば、
・待合場所や廊下に転職相談ブース、移住相談ブースを設ける
・とても喜ばれたお土産の袋にUターンガイドを同封する
・歓談中のスクリーンに企業紹介の映像を流す

など、もう一歩、踏み込んで仕掛けてもらいたいところ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジョブフェアについては、参加企業の採用担当者が、
鋭く指摘してくれているので、ご紹介。

とやまジョブフェアに参加しましたが、
何点か気付いた点というか、今後の課題と思った点について。

①参加者が少ない。予告では70人という話だったけど、実際に集まったのは30人ぐらい。もともと大同窓会参加者を狙っていたはずが、集客がうまくいかず、結局新卒者向けイベントを腹付して学生をかき集めた模様。導線の見直しが必要。

②ターゲットが不明確。もともと転職者向けのイベントという認識だったのに、実際に集めたのが新卒者だったため、こちらで用意した話のネタと参加者のニーズが合わない。新卒中心なら事前にそういう情報をもらわないとこっちも準備ができない。

③企業色が強すぎる。イベントの仕立てとして「Uターン経験者からざっくばらんに話を聞く」というスタンスだったはずが、プレゼンターの情報なしに企業ごとにブースを作ったために集客=企業の知名度となってしまった。結局、一番知名度ある北電が参加者の2/3をかっさらってしまい、残りは1社あたり数人、という状況。まあ企業説明会ならそれも止むなしだけど、Uターン促進イベントとしてそれに何の意味があるのかということ。税金で北電の企業説明会をしているのと同じことではないか。

イベントの業務委託者はイベントの"テイ"を繕うために頑張ったんだろうけど、結局のところ、コストも労力もかかってるわりに効果薄いんじゃねーの、という印象は拭えない。
新卒向けにするならそういう風に最適化すればいいと思うし、中途向けならイベントの設計からやり直した方がいいと思う。このイベントは今年で2回目だそうだけど、惰性で同じようなことを繰り返さないようにして欲しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この場で分かる数字は、この事業の主目的を検証する材料にはなりません。

Uターンを目的とするイベントから、実際に何人がUターンするまでに至ったのか、
そこまで継続して追っていくことが県として機能させられるか、継続チェックしていきます。
このイベントに参加した仲間からも引き続きヒアリングしてみます。

とは言え、大同窓会は単純に楽しかったです!
旧友と久しぶりに再会することもできたし、美味しい食事もいただいたし、
「県議の平木さんですか?」と初めてお声がけいただいた方もいらしたし。

年末まで働いてくださった県職員の皆さんに感謝いたします。

2017年1月 2日 02:19 PM

議員5年目がスタート!

富山県議会議員の平木柳太郎です。

皆様、新年あけまして、おめでとうございます。
本年も引き続きのご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。

2012年12月の県議会補欠選挙で当選してから、
丸4年が経ち、この2017年は議員5年目です。

会社員で言えば、入社して3年間は仕事や業界について学び、仕事に慣れ、
4~5年目は自分なりのワークスタイルを確立する時期です。

議員で言えば、新入社員とかベテラン社員とか関係なく、
即戦力として働けなければ、投票いただいた有権者の皆さんに顔向けできません。

とは言え、4年経って、やっと分かったことも多くあり、
学び、反省しながら仕事しているのが正直なところです。

5年目は基本を忠実に、次の心がけをもって働きます。

一.県予算、市町村予算についての理解を深め、議会でとり上げる。
一.県民、市民との交流を見直し、情報の継続発信を確立させる。
一.自己管理を徹底し、心身ともに健康な生活リズムを整える。

こんな当たり前のことが出来ていない5年目ですが、
温かくご指導ご鞭撻いただきますようお願いいたします。


平木柳太郎

2017年1月 1日 09:59 AM

政務活動費問題が引き起こした富山市議会議員補欠選挙の結果について、富山県議会議員の平木柳太郎が初歩的な解説記事を書いてみました。

政務活動費の不正で12名の大量辞職を生じさせた富山市議会で、
補欠選挙が行われ、もともとの欠員1名も含めて13名が当選しました。

私自身は中心的な役割で関わることのなかった市議補選でしたので、
自民党の立場ながらも客観的に、残しておきたいことを書いてみます。

■自民党推薦・支持の候補者たち

今回、6名が自民党が関わる候補者で、
結果は、次の通り、5名が当選、1名が落選しました。

【当選】
舎川 智也(2位 6,121票)
高田 真里(3位 5,445票)
高道 秋彦(4位 5,033票)
江西 照康(6位 4,536票)
押田 大祐(10位 4,131票)

【落選】
金谷 幸則(14位 3,891票)
※13位までが当選で、次点。

■この記事の続きを読む

2016年11月 8日 10:43 PM

収支報告に関する報道について

本日、NHKを含む報道で、平木柳太郎後援会に関する内容がありましたので、
ここに平木柳太郎本人ならびに後援会としての公式な説明を記載します。

【報道の内容】
・後援会の収支報告書に記載漏れが見つかり、修正を行う予定である
・2014年度(2014年1月~12月)の平木柳太郎後援会における収支報告書に
 2014年4月に開いた後援会設立総会の収支が記載されていなかった
・設立総会は、約300名の参加者から一人5千円の会費を集めて開催された

【記載漏れとなった経緯】
2014年4月には、確かに会費収入が発生しました。
また会場となった、とやま自遊館への支払いも行っておりました。

その後、同年に収支が発生する事業を行っていなかったため、
実質的には「活動無し」とみなして、収支とも0円で提出していました。

個人献金を受けたのは2015年度以降のため、寄付金は受けていません。
※資金管理団体として登録したのは2015年以降です。

また企業献金を受ける団体は持っていないため、同様に受けていません。
※自民党の場合、政党支部を設立しなければ、企業献金は受け取れません。

【後援会としての対応】
2014年度の活動を見直し、収支発生の有無を調査しています。
その上で、今月(4月)中に、富山県選挙管理委員会へ修正を届け出ます。

また、今後は月ごとに収支管理を徹底いたします。

【平木柳太郎本人より】
この度は私の後援会における収支報告書に記載漏れがあり、
関係者の皆様にご心配とご迷惑をおかけいたしました。
誠に申し訳ありませんでした。

日頃の政治活動、政策実現への取り組みだけでなく、
法令遵守と、皆様に安心していただける後援会運営に努めます。

今後もご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願いいたします。


平木柳太郎

平成28年4月14日

2016年4月14日 01:14 PM

高平公嗣先輩の教え。

平成25年2月20日(水)から22日(金)は、
私にとって、県議会当選後、初めての「視察」でした。

視察場所は、韓国・釜山!いきなり海外(^^)

自民党の経済建設部会メンバーとして、
米原蕃議員、宮本光明議員、矢後肇議員、
そして高平公嗣議員と平木柳太郎が参加しました。


■この記事の続きを読む

2016年3月10日 10:16 PM

1  2  3  4  5  6

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し
ご希望の項目ボタンを押してください。

富山県議会議員平木柳太郎のSNS活動報告